2017年11月14日

【その他】新・怪獣?

ゴズィラ


話題作であったということで、日曜日に【シン・ゴジラ】を見てしまいました。
モスラとかは映画館に見に行った記憶があるのですがね〜。あとキングギドラ?
まあ架空生物の話で騒ぐ年齢でもないので、現実を見ます。


総合評価としてはかなりリアリティーがある作品だったかと思います。
口から血液凝固剤を投入するシーンと、
総理と官房長官が一緒に避難行動して轟沈したシーン以外は、リアルだったかな。
総理大臣と官房長官は絶対に一緒に行動はしないので。


私の印象ですが、これまでの怪獣ものとこのシン・ゴジラの違いは、
巨大怪獣同士の戦闘ではなく、災害対応に尽力する人間をメインにした点かと。
従来は、悪役チックな怪獣が大暴れしている際、
ゴジラやモスラが出てきて、その怪獣を打ち倒しておしまいという展開でしたから。




より現実感を強調


リアルとSFの境界線は、物理法則を超えないかどうか。
例えばウルトラマン。身長は40mで体重は35,000トン。
比較対象として、ガンダムは身長18mで体重は45トン。
身長は2倍ですが、体重は750倍を超えます。おかしいやろ(笑)。
現実に起こり得るスペックで話を進めるからこそ、対応がリアルになります。


虚構ベースならゴジラは口から放射線を放出し、日本を火の海にするだけ。
1度発射してから次のアクションまでにエネルギーを充填させる時間を取った部分がリアル。
まさに使徒に対抗するエヴァンゲリオンという感じでしたね(笑)。


終わらせ方も核ミサイルをぶち込むというよくあるパターンではなく、
体内の血液を凝固させる選択肢を採択。
物理的な破壊ではなく、より現実的な戦術でしたね〜。


放射能の半減期まで登場させました。
少々小難しいですが、放射能は漏れません(笑)。
福島でも放射能は漏れていません。漏れているのは放射性物質。
放射性物質というのは、放射線を放出する【能力】を持っています。
運動能力が漏れるって意味が分かりませんよね?


放射性物質というと危険なイメージがあるかもしれませんが、それは当然種類によります。
放射性物質は永久的に放射線を出しているわけではなく、
一定の期間が経過すれば放射線を出さない物質に変化します。
100ある放射性物質が50、つまり半分の量になるまでの時間を【半減期】と呼びます。


福島原発事故で話題となったセシウムについては、半減期が30年・・・。
他方、ヨウ素だと半減期が8日のものもあります。
放射線は職場が無関係とは言えないので(笑)。
ゴジラが放出した放射性物質は、ほどほどの期間で半減期を迎えるので、
東京が帰還困難区域にならずにすむという、ハッピーエンドでした。


口から血液凝固剤を突っ込むというやり方だけが気に食わなかったですね。
普通生物なら動くだろう(笑)。
せめて押さえつけるためのアクションがあっても良かったのかな〜と思います。




御用学者は使い物にならない


割と変な風貌をしたゴジラ第1形態の時、
専門家を総理が招集したわけですが、具体なことはよくわからないという結論でした。
小池都知事の記事で言及した記憶がありますが、
政治家は政治のプロなので、ゴジラのプロではありません。


仮に対ゴジラ撃滅委員会をどこかの省が設置する場合、
官僚だけでは何もできないので、色々な専門家を構成員に加えます。
構成員になることで、いわゆる専門家としてのお墨付きを得られる整理。
「この問題は〇〇先生に聞こう」と思ってもらえることがステータス。


ただ官僚も無策でフリートークをしてもらうために会議を開くわけではないので、
当然ですが持って行きたい方向性があります。
その方針に乗ってくれる人達ほど、使いやすいわけです。
これで御用学者が誕生。


国の事業は科学的知見スレスレを攻めることはないので、
イチかバチか的な政策は絶対にやりません。
そうなってくると、スーパースター級の専門家ではなくとも、ある程度判断ができることになります。


小学生の内から、近隣クラブで合宿をした方が良いかどうかなら、私でもイエスと言います。
でもキャッチの時の左肩甲骨の位置や広背筋の使い方を法律で定めるなんて言われると、
それは手に負えません(笑)。
そういった専門家はテレビでも同趣旨の発言をしてくれるので、使いやすいのかな〜。
でも超最先端の知識は漏れているので、時間を無駄にしてしまったという感じでしたね。


主人公があの電気ウナギイヌと共演していた長谷川氏というのはちょっと面白かったです。
ゴジラは防衛出動になるのですね〜。
石破氏がその件を記者会見でコメントしていたような気が。




幅広い知識が重要


キャリアが重要なのは、それまでの過程で様々な経験を積んでいるからです。
ただ家を買うというオペレーションを敢行する場合でも、
1人暮らしや引っ越しの経験がある人の方が色々気は付くでしょうし、
不動産会社で勤務していたことがあれば無敵。


以前の記事で小泉進次郎氏を育てる必要があると言及したのも、
まだ副大臣や閣僚経験のない彼に、いきなり総理大臣をやるのは無理だから。
なので将来的に他国の首脳と渡り合えるよう、
きっちりと高い支持を与え続け、政治家として鍛えなくてはいけません。


JOを目指すことについても、結果だけを見ればイエスかノーかだけですが、
それを目指すまでの過程が消えることはないので、
何も気にせず生きている選手と、本気で目指した選手とでは、
同じ実力でも本人の経験値という観点では相当に差がつくと思います。


防衛大臣政務官か副大臣を経験していると、自衛隊のマネジメントは上手く回りそうですね〜。
防衛省出身の役人を政治家へ転身させるのも悪くはないかも。
シン・ゴジラのおかげで安倍政権の支持率が上がるのでは(笑)?




ただでは起きないトランプ


安倍首相&松山君とゴルフに興じたトランプ米大統領は、
北朝鮮関係をネタに、日本や韓国にアメリカの武器を買わせようとしています。
きっちりと売りさばいてからことを起こすつもりなのでしょうか。


警察がいれば治安を維持してくれますが、それでも泥棒に入られることはあります。
警察がいるから、何も対策をせず鍵全開で寝て居ようというのが・・・、
戦争法案等とわけのわからないことを言っているデモの人達。
盗まれれば、きっと警察のせいにするのでしょう。
泥棒撃退に備えて筋トレする必要はあるはず。それを教えてくれたような気がしますね〜。


現状としては、安倍政権は全面的に支持されてはいないものの、
対案を示さずただ反対ばかりしている野党には任せられないという印象。
モリカケを疑惑と呼んでいますが、いつになったら疑いが事実になるのでしょう(笑)。
忖度があったというのなら、直接指示を受けた人を出せという話です。


いないから疑惑のままなのでしょう。
いるのかもしれませんが、それを見つけられていないという整理なのでは?
少しはまともな議論をしてほしいところです。
ではではこの辺で。
TAG index
posted by 48 at 13:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。